PlayStation.Blog

「侍道」シリーズからスピンオフ! 剣術アクションRPG『侍道外伝 KATANAKAMI』が2020年初頭に発売!

0 0
「侍道」シリーズからスピンオフ! 剣術アクションRPG『侍道外伝 KATANAKAMI』が2020年初頭に発売!

「侍道」の世界観を引き継ぎつつ、自動生成ダンジョンに挑む剣術アクションRPG

「侍道」シリーズのスピンオフ作品『侍道外伝 KATANAKAMI』がPlayStation®4で発売決定! 本作は2002年にPlayStation®2向けに発売されたアクションアドベンチャーゲーム『侍』の系譜を引くタイトル。明治前期の侍の生き様を体験できるゲームとして人気を集めた『侍』は、その後『侍道』と名を変えてシリーズ化され、2011年のPlayStation®3版『侍道4』まで発売された。

『侍道外伝 KATANAKAMI』は、「侍道」シリーズの世界観を引き継ぎつつ、ゲーム性をガラリと変えて剣術アクションRPGとして登場。発売時期は2020年初頭を予定している。

ストーリー

とある峠の一本松の傍らに
刀鍛冶を生業とする男が娘と共に暮らしていた。
少しばかり金にだらしがないこの男
家計は常に火の車。
ついには借金のカタとして娘が連れ去られてしまう……

「その返済、手伝わせていただこう」
失意の鍛冶屋の前に現われたお人好しの侍
どういうわけか金策の手伝いを買って出る…

一本松は、夜光る
それは異界への扉
鍛冶屋の娘を救うべく
侍は禁忌の地へ足を踏み入れる……

ゲーム概要

剣術ハクスラ+自動生成ダンジョン

『侍道外伝 KATANAKAMI』では、「侍道」らしい奥深い攻防を楽しめる剣術アクションはそのままに、名刀を求めてダンジョン探索するハック&スラッシュを楽しめる。装備している刀や武器の種類によりアクションが大幅に変化するため、さまざまな戦闘スタイルが体験可能。夜になると入ることができるダンジョンは、斜め上からの視点で描くクォータービューで表現された、魑魅魍魎が跋扈する和風ファンタジーの世界。入るたびに構造が変わる自動生成ダンジョンで、何度遊んでも新鮮な気持ちが味わえる。

峠に巣食う三勢力を手玉にとって、刀鍛冶屋を経営

プレイヤーは、ダンジョンで集めた素材から刀や武器を制作・販売して、刀鍛冶屋を切り盛りしていく。峠にいる三勢力(赤玉党/黒生家/宿場町)に争いをけしかけて、大量の刀が必要な状況を自らの手で作りだす「戦が起これば鍛冶屋が儲かるシステム」を搭載。店を繁盛させるため、受注数を増やしてより多くの資金を稼ごう。

昼夜のサイクルでモードが変化

『侍道外伝 KATANAKAMI』には昼夜のサイクルがあり、それぞれできることが異なる。夜は一本松から繋がる異界のダンジョンで刀や素材を集め、昼は峠の鍛冶屋としてお金を稼ぐ。借金を返済して娘を取り戻すことを目的に、昼夜のサイクルでゲームは進行する。

——————————————

侍道外伝 KATANAKAMI

・発売元:スパイク・チュンソフト
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:剣術アクションRPG
・発売日:2020年初頭予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 3,980円+税
    ダウンロード版 販売価格 4,378円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:2人)
・CERO:審査予定

——————————————

『侍道外伝 KATANAKAMI』公式サイトはこちら

© Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

お客様の生年月日を入力してください。