PlayStation.Blog

【TGS2019プレイレビュー】『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』のクラシカルなゲーム性が心地良い!

0 0
【TGS2019プレイレビュー】『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』のクラシカルなゲーム性が心地良い!

初代PlayStation®で発売された名作アクションをPS4®でリメイク!

10月31日(木)発売予定のPlayStation®4ダウンロード専用タイトル『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』は、1999年に発売されたPlayStation®版『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』のリメイク作品。名作アクションゲームを美しいグラフィックで楽しむことができ、PlayStation4®Proなら4K画質でプレイ可能だ。

プレイヤーは墓地から復活した「ガロメアの勇者」ダニエル・フォーテスクを操作し、かつて倒したがダニエルと同じく復活した妖術使いザロックから、再びガロメア王国を救うため立ち向かう。

誰でもウェルカム! 遊びやすいアクションと適度なギミックですぐに夢中になれる!

「東京ゲームショウ2019」のプレイステーション®ブースでは、オープニングから遊べる試遊版を出展。チュートリアルを兼ねた納骨堂から最初の墓地ステージまでを体験することができたので、クロスレビューをお届けしよう。

テンポのいいアクションで、美麗なホラー世界を旅する快感!

強く印象に残ったのは、やはり生まれ変わった美麗なビジュアルだ。元となった作品は20年前に初代PlayStationで登場したこともあり、グラフィックの進化は一目瞭然! より色鮮やかに描かれる、ホラーテイストでありながらもコミカルな雰囲気を併せ持つ独特のファンタジー世界にグイグイと引き込まれていく。自分のように初めて触れる人はもちろん、かつて元の作品をプレイしたことがある人でも新鮮な気持ちで遊べるだろう。

ゾンビのような敵を次々と倒せる軽快なアクションも魅力のひとつ。剣はブンブンと連続で振り回すことができるうえに、走りながらでもそれが可能! 扉を開けた際に大量のゾンビが現われて驚いたこともあったが、突っ込みながら蹴散らしていくのは快感だった。

とはいえ、調子に乗っていると自分の体力がかなり減っていたこともあったため、油断は禁物。武器は近接攻撃用の剣だけでなく、遠距離攻撃ができる短刀に切り替えることができるので、状況に合わせて使い分けるのがよさそうだ。また、L2ボタンを押すとTPSのような視点にすることもできる。遠距離攻撃の狙いが付けやすかったのはもちろん、普段の俯瞰視点とは違った雰囲気でこの世界を冒険できるのが面白い。

今回の試遊はゲーム序盤の体験だったのであまり使う場面はなかったが、盾を使った防御アクションもバトルのいいアクセントになりそう。公開されているトレーラーを見ると、ボスとの激しいバトルも味わえるようなので期待が高まる。全編を通して遊び尽くせる日が、今からとても待ち遠しい! (PS.Blogスタッフ・岩下)

オリジナル版の楽しさを再現するキビキビとした触り心地! クラシカルなゲーム性が逆に新しい!?

若いユーザーには馴染みが薄いかもしれないが、オリジナル版『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』といえばアクションゲーマーがこぞって高く評価した名作だ。簡単すぎず、難しすぎない絶妙なバランス設計。3D表現を駆使した謎解きギミック。キビキビ動かせる操作性まで、誰もがすぐに夢中になれる、アクションゲームらしいアクションゲームだった。それがPS4の高画質で遊べるようになるのだから、オールドファンとしては嬉しいかぎりだ。

いざプレイを始めてみると、納骨堂でダニエルが目覚めるオープニングシーンの美しさに、さっそくテンションアップ。墓地ステージに飛び出してからは、群がるゾンビを斬り捨てる軽快な操作性にテンションマックス! 近年のアクションゲームはリアルさを追求し、モーションをていねいに表現することが多いが、本作は慣性の影響をほとんど感じず、敵のやられモーションも最小限に抑えられている。斬りつけられてもお構いなしに迫ってくるため、こちらも負けじとザクザク斬りまくる。良い意味でリアルさを無視した、いかにもアクションゲームらしい触り心地だ。現代の最新技術によってグラフィックは美しく描かれていても、オリジナル版の風合いをきちんと再現したリメイク作品になっていると感じた。

謎解きやマップギミックも定番もの。今回プレイした墓地は最初のステージということもあり、石像の向きを変えることで道が開く、簡単な仕掛けが用意されていた。もちろんゲームが進めば難解な仕掛けも出てくるはずだが、「先に進めない?」から「なるほど!」となるまでのテンポが良い。

序盤だけのプレイではあったが、オリジナル版を夢中になって遊んでいたことが鮮明に思い出される試遊に。クラシカルなゲーム性は懐かしいだけでなく、いまの時代ではむしろ新鮮な体験として楽しめるに違いない。 (PS.Blogスタッフ・松田)

——————————————

メディーバル 甦ったガロメアの勇者

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・配信日:2019年10月31日(木)予定
・価格:ダウンロード版 販売価格 4,212円(税込)(*)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

*消費税率8%で計算された価格です。2019年10月1日(火)以降は消費税率10%で計算された価格に変更されます。

※ダウンロード専用タイトル

——————————————

『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』公式サイトはこちら

©Sony Interactive Entertainment LLC.

お客様の生年月日を入力してください。