PlayStation.Blog

『鬼ノ哭ク邦』の舞台「中ノ邦」を治める2人のキャラを紹介! 二つの世界を行き来するシステムの詳細も!

0 0
『鬼ノ哭ク邦』の舞台「中ノ邦」を治める2人のキャラを紹介! 二つの世界を行き来するシステムの詳細も!

8月22日(木)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』は、生者の世界と死者の世界を行き来するアクションRPG。時田貴司氏がクリエイティブプロデューサーを務め、『いけにえと雪のセツナ』『LOST SPHEAR』を制作したTokyo RPG Factoryが開発を手掛けている。

今回は、新たに公開された2人のキャラクターと、生者の世界、死者の世界にまつわるゲームシステムについて紹介しよう。

輪廻転生の理を守る邦主ロベリアと、その息子レイオウ

物語の舞台は、輪廻転生が信じられている辺境の王国「中ノ邦」。人々は、強い憎しみや悲しみの感情に囚われ、輪廻の輪から外れた「迷イ人(マヨイト)」となることを恐れ、感情を押し殺して生きている。

プレイヤーは、対を成す二つの世界──生者の世界「現シ世(ウツシヨ)」と死者の世界「幽リ世(カクリヨ)」を行き来し、「迷イ人」を救済する「逝ク人守リ(イクトモリ)」となり、この邦を巡る数奇な”命”の物語を体験することとなる。

<ものがたり>

輪廻転生によって命が繁栄した世界。人々は授かりし命を謳い、来世への祈りを捧げた。

死に対する悲しみは、生者を縛り、死者をためらわせる。すなわち、死を悲しむことは、輪廻転生を妨げる禁忌に他ならない。だから人々は、その悲しみを笑顔に変えて、死者を送る。

しかし、涙を忘れようとした人の心にも、救いが必要だった。そうして生まれたひとつの役割──人は彼らを、「逝ク人守リ」と呼んだ。

それは、彷徨える死者の魂「迷イ人」を救済する、いわば生者と死者、この世とあの世の調停者の役割を担う存在。「逝ク人守リ」は、「迷イ人」の未練を断ち、来世へと送る者。生者と死者の想いに触れ、命を尊ぶ者。

これは、ひとりの「逝ク人守リ」、その命の物語──。

輪廻転生を理とするこの邦で、命を来世へとつなぎ、希望と繁栄を約束する輪廻転生の理を守り抜いてきた歴代の邦主たち。

しかし今、出生率は低下し、民衆は輪廻転生への猜疑心を抱き始めている。そして、黒夜叉出現により生じた「逝ク人守リ」内部の不協和音。理の守護者、「逝ク人守リ」カガチが眼にするものは……?

輪廻転生を理とする「中ノ邦」に伝わる、邦主のみが存在を知るという壁画が意味するものは……。

キャラクター

「余は邦を守る義務がある。お前たち今生の者には、命をつなぎ、誕生を祝福する義務がある」

ロベリア

CV:田中 敦子

信じられるのは己だけであり、他の何者も信じない孤高の邦主。冷徹な立ち居振る舞いが、周囲の者を遠ざけるうえに、自身から人前に姿を現すこともほとんどなく、民衆の中には顔を知らない者さえいる。

輪廻転生の理を何よりも重視するロベリアからは、理から決して外れてはならないという、もはや脅迫観念のようなものさえ感じられる。

「私への反抗は邦主様への反抗。つまりこの邦への反抗だ」

レイオウ

CV:白熊 寛嗣

ロベリアの忠実なる右腕であり、実の息子。信じる存在は邦主だけであり、物心ついた頃からロベリアを母としてではなく、邦主として尊敬していた。

他に信頼できる者も、友もないが、それを苦と思ったことは一度もない。邦主の言葉を盲信するレイオウがそれ以外の言葉に耳を傾けることはなく、「逝ク人守リ」とも対立してきた。

対を成す二つの世界を探索するゲームシステム

本作には対を成す二つの世界、生者の世界である「現シ世」と、死者の世界である「幽リ世」が存在する。「逝ク人守リ」は二つの世界を自由に行き来できるが、初めて訪れる「幽リ世」では、五感が遮断された”幽リ世縛リ”状態となる。闇に包まれて周囲を確認できないままでは、探索が非常に困難だ。

対を成す「現シ世」には、”幽リ世縛り”を解く”縛リ戻シ”を持つ魔物”想イ主”がいる。”想イ主”を見つけてトドメを刺すと、”縛リ戻シ”がドロップ。その後、再び「幽リ世」に渡ると、”幽リ世縛り”が解けて探索が可能になる。

二つの世界で異なる法則

「現シ世」と「幽リ世」は一見すると同じようだが、さまざまな法則の違いがある。「現シ世」で破壊可能な建造物が「幽リ世」では壊せなかったり、乗り物が作動しなかったり、いつの時代からそこにあるのかも定かではない宝箱が放置されていたり……。二つの世界の法則を理解し、任務を進めていこう。

<世界の法則の例>

【現シ世】

【幽リ世】

対を成す同じ場所に違いが。「現シ世」では何もないが、「幽リ世」には宝箱が置かれている。

【現シ世】

【幽リ世】

「現シ世」では小型の建造物を破壊できる。一方の「幽リ世」では、壊すことができない法則を逆手に取り、建造物を盾にした戦い方も可能だ。

【幽リ世】

【現シ世】

「幽リ世」では、起動しないゴンドラ。対を成す「現シ世」で動かし、先へと進もう。

【幽リ世】

「幽リ世」にしか存在しない時空の歪み”遷イ路(ウツロイミチ)”。崖の向こう側など、「現シ世」では進めない場所にカガチを運んでくれる。

「幽リ世」の理

「幽リ世」での戦いで注意が必要なのが、「幽リ世の理」というさまざまな法則が発動する点。カガチだけでなく、対峙する魔物たちにも影響を与えるため、有利にも不利にもなる。どのような法則の影響下にあるかを把握して戦うことが重要だ。

すべての攻撃がクリティカルになる「幽リ世の理」が発動。強力な魔物との戦いでは、特に注意が必要。

「幽リ世」に留まる魂たち

「逝ク人守リ」であるカガチたちは、「幽リ世」に留まる「迷イ人」たちの存在を、「現シ世」にいながら感じ取れる。「迷イ人」の思い残しの原因を探り、解決することで、輪廻の輪へと戻すことができる。

また、「幽リ世」では稀に「鬼ビ人(オニビト)」との出会いが待っている。彼らの魂を自らの身体に宿して力を借り、魔物との闘いを有利に進めていこう。

「現幽碑」間の移動

「中ノ邦」の各所にある「現幽碑(ゲンユウヒ)」では、「鬼ビ人」の編成ができるほか、「現幽碑」から「現幽碑」へ瞬時に移動することが可能。一度訪れた「現幽碑」であれば、ワールドマップから行き先を選択できるようになる。

——————————————

鬼ノ哭ク邦 (オニノナククニ)

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2019年8月22日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 5,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 6,264円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

——————————————

『鬼ノ哭ク邦』公式サイトはこちら

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

お客様の生年月日を入力してください。