チームワークで勝利をつかめ! 3人1組で戦う『チームソニックレーシング』本日発売!

0 0
チームワークで勝利をつかめ! 3人1組で戦う『チームソニックレーシング』本日発売!

趣向を凝らした全21種のコースに、やり込み要素もいっぱいの多彩なモードを搭載!

PlayStation®4でソニックたちが自慢のマシンで大暴れ! 本日5月21日(火)に発売となった『チームソニックレーシング』は、3人1組のチーム単位で順位を競う新たな形のレースゲーム。さまざまな仕掛けが用意された全21種のコースに挑むのは、おなじみソニックとその仲間たち。シングルプレイはもちろん、ローカル&オンラインで全世界のユーザーと協力・対戦プレイも楽しめる。仲間と協力するチームアクションを通じてチーム共通のゲージをためれば、メンバー全員が加速する「アルティメットブースト」で一発逆転……といったアツい駆け引きも楽しめる。

モードのひとつ「アドベンチャーモード」では、ボス戦やチャレンジミッションといった特殊なレースも発生する。また、グランプリレースやタイムトライアルなど、やり込み要素も多数収録している。

レースに名乗りを上げたのは、全15キャラクター+α!

レースに参加するキャラクターには、大きく分けてスピード、テクニック、パワーという3タイプの特性がある。同じタイプでもキャラクターによって長所が異なるため、彼らの個性を活かしたレース運びを心がけたいもの。なお、オフライン&オンラインマルチプレイでは、チームの垣根を越えた組み合わせでレースに挑める。ライバル同士でチームを組むのも、もちろんアリ!

【チームソニック】

ソニック(スピードタイプ)

本人と同じ、スタイリッシュな青のスポーツカーでレースに参加。

ナックルズ(パワータイプ)

トゲトゲを随所にあしらった、馬力がありそうなバギータイプのマシン。

テイルス(テクニックタイプ)

メカニック好きのテイルスらしさあふれる、クラシックなデザインのレースマシン。

【チームダーク】

シャドウ(スピードタイプ)

漆黒のボディカラーに紅のラインが実に映える、スピードタイプのマシンで参戦。

オメガ(パワータイプ)

工業マシンのような、無骨さあふれるマシンが彼の愛車。悪路も難なく進めそう!?

ルージュ(テクニックタイプ)

妖しさとキュートさをあわせ持つ、丸みを帯びたフォルムのオープンカー。

【チームローズ】

エミー(スピードタイプ)

シンプルで可愛らしい、オープンタイプのレーシングカーで参戦!

チャオ(テクニックタイプ)

前方搭乗席に3体のチャオが入り、後部座席のオモチャオが操作するユニークなマシン。

ビッグ(パワータイプ)

友達の「カエルくん」のような、緑色の車体が特徴的なレーシングカー。マシンの後部には釣り竿が!?

【チームベクター】

シルバー(テクニックタイプ)

未来からやってきたかのような、流線型のデザインが特徴のレーシングカーに搭乗する。

ブレイズ(スピードタイプ)

皇族に相応しいエレガンスさとダイナミックさを合わせ持つ高速マシン!

ベクター(パワータイプ)

牙を模したようなフロントグリルと、リアの大型スピーカーが特徴のレーシングカーで参戦。

【チームエッグマン】

Dr.エッグマン(テクニックタイプ)

自らが開発したレーシングマシンに乗り、グランプリレースになかば強引に参加する。

メタルソニック(スピードタイプ)

妖しく光るヘッドライトとフロントカウルが特徴的な、高速マシンで参戦!

ザボック(パワータイプ)

燃え盛る業火を宿した、ドラゴンのような形状のパワフルマシンを操る。

エッグポーン(CPU専用キャラ)

Dr.エッグマンが3人制のチームレースに参戦する際に従える、エッグマンに忠実なメカ&マシン。

チームメンバーが協力して放つ、チームアクションでレースを有利に!

3人1組のレース形式で重要なことは、チームメンバーを手助けできる「チームアクション」をうまく利用すること。減速したチームメイトの近くをかすめて走行し、仲間を加速させる「タッチダッシュ」や前を走行する仲間のスリップストリームエリアを使って加速する「ラインブースト」といったテクニックを駆使して、チームを勝利に導こう。

仲間のスリップストリームエリアは、黄色のラインで表示される。ここに入ると、加速が可能!

ほかにも、順位がひとつ上のチームをスピンさせて「アルティメットブースト」に必要なゲージを稼ぐ「ライバルテイクダウン」といったテクニックもある。

ためたゲージで超加速! 決めろ、必殺の「アルティメットブースト」!

チームアクションを使うことでたまるゲージが満タンになると、メンバー全員が超加速する「アルティメットブースト」が発動可能。レースの強力な切り札となりうるアクションなので、ここぞというタイミングで使っていこう。

並み居るライバルたちをゴボウ抜きできる、爽快感あふれる「アルティメットブースト」。コースのどこで使っていくか、その見極めも重要だ。

攻撃や防御など、さまざまな効果を持つアイテム「ウィスプ」!

「ソニック」シリーズおなじみのキャラクター「ウィスプ」が、本作ではレース展開を盛り上げるアイテムとしてゲームに登場。コース上のアイテムボックスから取得したウィスプたちは、攻撃や防御などさまざまな用途で役立つ便利なキャラクターとして利用できる。

画面右上のシルエットが、現在ストックしている「ウィスプ」。相手からウィスプを奪える便利なウィスプもあり!

ブルー・キューブ

衝突した敵レーサーをスピンさせる障害物を設置する。後ろに発射すると、防御壁として使うことができる。

ジェイド・ゴースト

ゴースト状態となり、障害物や他のレーサーをすり抜けることができるウィスプ。さらに、効果終了時に近くにいた敵レーサーのウィスプを奪える!

バイオレット・ボイド

時空を歪め、周囲にあるリングやアイテムボックスを吸い込むことができる。また、自分に向かって放たれた攻撃ウィスプを吸収することができる。

オリジナルストーリーが楽しい「アドベンチャーモード」は協力プレイも可!

ソニックたちキャラクター同士のかけあいが楽しめる、完全オリジナルストーリーが展開するストーリーモード。生き残りをかけた「サバイバルレース」や、制限時間以内に集めたリングの数を競う「リングチャレンジ」など、ステージごとに異なる課題をクリアしながら、ストーリーを進めていこう。

本モードでは、友達と協力しながら物語を進めることが可能だ。「グランプリレース」を主催する謎の人物・ドドンパから届いた招待状をきっかけに、最速を決めるレースにいざ挑戦!

「リングチャレンジ」のミッション中は獲得したリング数に応じて制限時間が増えるので、リングがたくさん拾えるコース取りを目指そう。

豊富なカスタマイズパーツで自分好みのマシンを作成!

ゲームを遊ぶことで入手できるカスタマイズパーツは、カラー、スキン、クラクションなど多岐にわたる。カラーやスキンパターンを変更すれば、自分だけのオリジナルマシンだって作れてしまう。

パーツの変更は見た目だけでなく、アクセルやブーストといったパラメーターにも影響する。また、マシン表面のテクスチャをいじれば、マットな塗装やメタリックな色合いのマシンも作成可能。

全21種のコースから特徴的なコースを紹介!

雄大な大自然を活かしたコースから、巨大建造物まで……多彩な21種のコースが本作では用意されている。ここでは、そうしたコースの一部を紹介していこう。

ウィスプサーキット

そびえる巨木を駆け抜けていくロングコーナーなど、ダイナミックな作りが魅力のコース。

アイスマウンテン

一面が氷で覆われた、美しいサーキット場。滑る路面にガードレールがない場所もあるため、コースアウトが最大の敵!?

ドクターズマイン

プラネットウィスプにある、そびえ立つ岩山を利用して作られたコース。美しい大自然をエッグマンの大規模工場施設が侵食し、複雑な地形を形成している。

フローズンジャンクヤード

氷山地帯の廃品処理施設が舞台のコースで、高低差のある地形と氷の裂け目が生み出す大小の複雑な分岐が大きな特徴。コース終盤には失敗作を焼却する、巨大なデスエッグロボも登場!

オフラインモードで自己記録の更新にチャレンジ!

4つのコースで順位を競う「グランプリ」や、ベストタイムの更新を目指す「タイムトライアル」など、オフラインのゲームモードも充実の本作。タイムトライアルでは世界中のトッププレイヤーのゴーストを表示して、彼らと腕を競うこともできる。

ソニックと仲間たちが繰り広げる、オリジナルストーリーのゆくえも楽しみのひとつである『チームソニックレーシング』。グランプリレースを勝ち抜き、物語の結末を見届けよう!

▼PS Storeでの『チームソニックレーシング』の購入はこちら

——————————————

チームソニックレーシング

・発売元:セガゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:レーシング
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 5,990円+税
    ダウンロード版 販売価格 6,469円(税込)
・プレイ人数:1~4人(ネットワーク協力・対戦 最大12人)
・CERO:A(全年齢対象)

——————————————

『チームソニックレーシング』公式サイトはこちら

「ソニック」シリーズ公式Twitterはこちら

©SEGA

お客様の生年月日を入力してください。