PlayStation.Blog

探偵か、殺人鬼か? 『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』に新たな登場人物が! BADEND後のお楽しみも!?

0 0
探偵か、殺人鬼か? 『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』に新たな登場人物が! BADEND後のお楽しみも!?

自分の中の「もうひとり」の存在とともに事件を追うアドベンチャー!

4月25日(木)に発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』。探偵ルートと殺人鬼ルートという2つのルートから事件の真相を追う本作は、医療技術が発達した架空のロンドンが舞台のアドベンチャーゲームだ。

ロンドンの街では現在、暗がりで人を襲って金品を盗む「連続強盗殺人事件」が発生し、人々を震え上がらせていた……。そんな中、主人公の探偵アーサー・ヒューイットは自身の正義感から事件の調査に乗り出し、路地裏の殺人現場を発見する。だが、あろうことか警察から事件の犯人ではないかという疑いの目を向けられてしまう。

身の潔白の証明のため、そして凶悪な事件を止めるため、アーサーは連続殺人犯を追う!

殺人現場を見たショックからか、アーサーは自分の中にいる「もうひとり」の存在を自覚する。それは、死んだはずの殺人鬼「ジャック・ザ・リッパー」を名乗るのだった……。

濡れ衣のはずが、手錠をかけられてしまうアーサー。血にまみれた手袋が示すものは……?

奇妙な協力者(?)ジャックとともに事件を追う第一章『鏡像の殺人鬼(ペルソナ)』

アーサーが見る「切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)」と名乗る男の幻影は、事件の調査に乗り出したアーサーを嘲笑し、からかう。

「おいおい……。そんな推測じゃ、いつまで経っても真実には辿り着けねぇぞ、探偵?」

「うるさいぞ、幻影め。殺人鬼なんかの指図は受けない」

だが、彼が述べる現場検証や犯人の手口の考察には、ある程度の信憑性があるのだった。殺人鬼のやり方は、同じ殺人鬼が知る……ということだろうか。

探偵と殺人鬼。同じ身体を共有しているのにも関わらず、タイプがまるで正反対の2人。奇妙な協力者とともに、アーサーは徐々に事件の真相へと近づいていく。

享楽的に笑い、何者かに襲い掛かるアーサー。いつもと異なる彼の形相は、いったい?

アーサーの探偵事務所に持ち込まれる、さらなる依頼。それは……

「連続強盗殺人事件」を追う一方で、彼の事務所に新たな依頼が持ち込まれる。

それは、メリル・ローズと名乗る少女からの「わけありな兄」の素行調査依頼だった。夜な夜な街を出歩き、どこからか大金を稼いでいるという兄・ダリル。

メリルがまとう不穏な空気を察したジャックは、「仕事を受けろ」と口を挟むのだが……。この依頼、受けるべきなのだろうか?

身の潔白を証明するため殺人事件を追うか、それともメリルの依頼を受けるのか。どちらを優先するかは、プレイヤー次第である。

メリル・ローズ

CV:寺井らん

ロンドン市街に住む少女。臆病で考えを口に出さない、引っ込み思案な性格をしている。粗暴ながら自分の考えを貫く兄のことを男らしいと感じ、慕っている。

ダリル・ローズ

CV:寺井らん

メリルの話によれば、乱暴者だが妹想いの優しい性格……という彼女の兄。夜な夜なロンドンの街へ繰り出しては「仕事」を行ない、大金を稼いできている。依頼を受けた場合、アーサーは彼の足取りを追うことになるが……。

アーサーに素行調査を依頼しながら、兄に乱暴なことはしないでほしいとメリルは言う。兄のことを、心から案じている様子が見て取れる。

ライリー・ローズ&キャロル・ローズ

メリルたちの両親。メリルを大切に思い慈しむ一方、ダリルについては無視を決め込んでいる。2人がダリルを「いないもの」として扱うのは、何らかの事情があるようだ。

両親と対立し、暴言を吐き、ときには暴力も振るうダリル。兄妹の仲は良好だと言うが、彼と両親との関係は溝が深そうだ。

物語の進行に応じて解放される「サブストーリー」を楽しむ!

ゲーム本編の物語を進めるうち、次第に解放されていくサブストーリー。これは物語の進行だけでなく、選んだ選択肢によるものや、仲を深めたキャラクターとの関係性、さらに特定のBADENDで解放されるものなど、さまざまな解放条件が設定されている。

本編では語られないキャラクターの素性や彼らの考え、日常の姿などを垣間見ることができるので、気になるストーリーがあればチェックしてみよう。

プレイできるサブストーリーは全部で10話以上。本編とは少し違ったテイストの物語も楽しめる。

BADENDになっても安心! コミカルな「ボーナスシアター」で反省点をチェック?

選択肢を誤りBADENDに陥ったプレイヤーを救済する、コミカルなキャラクターたちによるユニークなトークコーナー。それがこの「ボーナスシアター」である。

なぜBADENDになってしまったか。その原因を、笑いあり、涙ありの寸劇を交えて教えてくれるこのコーナー。

凄惨な結末をたどっても、ホッと一息つけるかもしれない「ボーナスシアター」。本編とは違うキャラクターたちのコメントに、思わず和んでしまうことうけあいだ。

アーサー

CV:ヒロオカユースケ

「え!? そんな! 僕、レギュラーじゃなかったんだ……」

何度BADENDにたどりついても、不屈の精神で立ち上がりゲームクリアを目指す青年。本編では主人公だが、ボーナスシアターでの扱いはあまり良いとは言えないかも。

ダークソフィー

CV:川上ゆき

「このおまけコーナーでは私こそが女王! 口答えはいっさい許さないから! ふふふっ」

自らを「闇の化身」と称する、ボーナスシアターの女王。プレイヤーに助言を与えるついでにアーサーをからかい、ジャックでさえ拳一つでぶちのめす。

この空間では、誰も彼女に逆らえない……。

ジャック

CV:山口キヨヒロ

「何の真似だと? 決まってらぁ、このコーナーを乗っ取って……。名前を『ジャックシアター』にしてやるんだ」

自称「切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)」。おまけコーナーを乗っ取り、名前を「ジャックシアター」に変えようと暗躍する。

ローリィ

CV:夏川みつき

「ここはゲームオーバーの原因を解説するためのコーナーニャんだから。建設的な意見を出さニャいといけニャいだろう?」

猫っぽいマフィア。本コーナーのおちゃらけた雰囲気に早々と順応し、楽しみながらプレイヤーへアドバイスを与える。ソフィーにより、セリフに「ニャン」と付けることを強制されてしまう。

シャーロット

CV:山咲あいこ

「あの、かなり喋りにくいので、この『ワン』は無しにしていただけませんかワン?」

犬っぽい警官。不可思議な空間に戸惑いながらも、己の責務としてプレイヤーへまともなアドバイスを授けようと奮闘する。ソフィーにより、セリフに「ワン」と付けることを強制されてしまう。

本編とはテイストが異なる、おまけコーナーも充実の『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』。ハードなストーリーの合間に楽しむにはピッタリのコーナーなので、ときにはわざとBADENDになるのも悪くない!?

——————————————

殺人探偵ジャック・ザ・リッパー

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:アドベンチャー
・発売日:2019年4月25日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,980円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,538円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

——————————————

『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』公式サイトはこちら

『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』公式Twitterはこちら

©2019 Nippon Ichi Software, Inc.

お客様の生年月日を入力してください。