あなたは誰が好き?『キャサリン・フルボディ』に登場する個性派美人3人をチェック【特集第1回/電撃PS】

0 0
あなたは誰が好き?『キャサリン・フルボディ』に登場する個性派美人3人をチェック【特集第1回/電撃PS】

2月14日(木)に発売されるアクションパズル・アドベンチャー『キャサリン・フルボディ』の魅力をお伝えする連載企画を、電撃PlayStation編集部がお届けします。

PlayStation®4/PlayStation®Vita用ソフトウェア『キャサリン・フルボディ』は、独特の世界設定で”大人の恋愛”を描いた人気シリーズの最新作。前作は2011年に発売され、浮気を題材にした大人のストーリーと歯ごたえのあるアクションパズルで人気を博しました。

“熟成進化”版となる本作では、新たなキーキャラクター・リンが新登場。前作では2人の相手から1人を選ぶような形でしたが、本作では3人目の候補が追加されています。

また、アクションパズルシーンではゲームオーバーなしで進められる難易度「セーフティ」が選択可能になったほか、熟練のプレイヤーに向けてはひと味違うプレイフィールをもたらす「アレンジモード」、オンラインマルチプレイなども追加されています。

難易度「セーフティ」ではアクションパズルパートそのものが”スキップ”できるようになり、誰でも手軽にストーリーを楽しめるようになりました。

連載第1回となる今回は、ストーリーとキャラクターをフィーチャー。本作のあらすじや魅力的な3人のキャサリン、そして物語を彩るサブキャラクターたちのプロフィールを紹介していきます。

浮気からはじまる衝撃のドラマを体感せよ

優柔不断な独身男であるヴィンセントは、交際5年になる恋人「キャサリン」がいるにも関わらず、恋人と同じ名前を持つ魅力的な女性「キャサリン」と浮気をしてしまいます。

さらに、天使のような癒やしの存在となる「リン」との出会いによって、四角関係にエスカレート。大きな修羅場に発展していきます。

そんななか、ヴィンセントは毎晩”悪夢”を見るようになり、そこで落ちたら本当に死んでしまう命がけの壁登りを強いられることになってしまいます。

修羅場と悪夢の果てにヴィンセントが掴む未来とは……?

出来心からの浮気をきっかけに、主人公・ヴィンセントを取り巻く環境は修羅場まっしぐら。

新キャラクターのリン。優柔不断なヴィンセントを責めることなく、優しく包み込みます。

『フルボディ』では恋人のキャサリンとの過去も明らかになります。

オトナの四角関係の肝となる主人公と3人のヒロイン

まずは本作の物語の中核をなす主人公・ヴィンセントと、3人のキャサリンを紹介。キャサリンたちについては、今年34歳を迎える電撃PlayStation編集部の、『キャサリン・フルボディ』担当ライター(独身男性)による、個人的な視点に基づく魅力も紹介していきます。

ヴィンセント・ブルックス

CV:山寺宏一

本作の主人公で32歳の独身。5年間付き合った恋人から結婚を求められているが、気楽な独身生活に慣れてしまい、踏ん切りがつかないでいる。そんな彼は修羅場の果てに大きな選択を迫られることになって……。

リン

CV:平野綾

何者かに追われているところをヴィンセントに助けられた3人目の”キャサリン”で、ふたりのキャサリンの間で翻弄されるヴィンセントにとって癒やしの存在。なにやら込み入った事情を抱えているようだが、名前以外の記憶を失っている。重圧に苦しむヴィンセントに新たな価値観と可能性を与えてくれる。

<担当ライターが語るリンの魅力>
落ち込んでるときや疲れているときって、「誰かと一緒にいたい、でもそっとしておいてほしい……」ワガママだけど、そんな気持ちになりますよね。リンはそんなとき、無言で寄り添ってくれる子です。さらに、新品の白地図のように無垢で、否定や価値観の押しつけもしないタイプ。自分が出した結論を応援してくれる、まさに天使のようないい子です。「この子のために、俺がしっかりしないと!」と自然と思えるように導いてくれる。それがリンの最大の魅力かもしれません。

キャサリン・マクブライド

CV:三石琴乃

中堅アパレルメーカーに勤めるキャリアウーマンで、ヴィンセントの恋人。しっかり者だが気が強く、常に彼のことをリードしている。結婚を意識しており、ヴィンセントにそれとなく意思を伝えているが、彼の曖昧な態度に苛立ちを募らせている。『フルボディ』ではヴィンセントと付き合い始めた頃のエピソードも新たに収録されている。

<担当ライターが語るキャサリン・マクブライドの魅力>
仕事のできるキャリアウーマンなので、基本的には私生活でもグイグイ仕切ってくれる姉さん女房タイプのキャサリン・マクブライド。彼女とは「5年付き合った絆がある」というのが最大のポイントでしょう。5年も付き合うということは、お互いの悪いところを見てなお、関係性を続けられる安定感が彼女にはあるということ。怒らせるとコワいのですが、付き合ったばかりのエピソードを通じて、キャリアウーマンという言葉に隠れがちな彼女のさまざまな人間らしさを見ると、きっと心が動くでしょう。

キャサリン

CV:沢城みゆき ほか

ヴィンセントが行きつけのバーで出会う美女で、少女のようなあどげない顔立ちに対してアンバランスに豊満な肢体を持っている。積極的にヴィンセントに迫り、一夜を共にする。

<担当ライターが語るキャサリンの魅力>
彼女の魅力は艷やかなボディラインからひと目で分かるセクシーさ。さらに、男ゴコロをくすぐるその言動は、彼女のネコのように自由奔放・情熱的な性格もあいまって、まさしく小悪魔。「いや、そういうの困るって! ……でもちょっと楽しい……」と思わずにはいられません。彼女と一緒に過ごせば振り回されるのは避けられないでしょう。そこが彼女のチャームポイントなんです。「カワイイからつい許しちゃう」的な。うむ、我ながら情けない。でもゲームだからオッケー!

サブキャラクターも個性派揃い!

主人公・ヴィンセントを取り巻くのはもちろんヒロインだけではありません。ハイスクール時代からの同級生や、行きつけのバーのマスターなどさまざまなキャラクターが登場。彼らが織りなす人間模様も注目です。

ジョニー

CV:子安武人

ヴィンセントのハイスクール時代からの同級生。クールで現実的なタイプだと思われがちだが、結婚は運命の相手とすると決めている理想主義者である。また、ヴィンセントと恋人・キャサリンの関係を誰よりも気にかけている。

オーランド

CV:平田広明

ヴィンセントのハイスクール時代からの同級生で、現在は職場の同僚。楽天的な性格で結婚は人生の墓場だと放言しているが、別れた妻の存在がいまだに気になっている。

トビー

CV:谷山紀章

ジョニーの職場の後輩で、結婚に漠然とした憧れを抱いている。バーのウェイトレスであるエリカに好意を抱いているが、女性経験の少なさからアプローチできずにいる。

エリカ

CV:皆川純子

ヴィンセントたちの行きつけのバー・ストレイシープで働くウェイトレスで、彼らとはハイスクール時代の同級生でもある。はじける笑顔と明るい接客態度でお客さんからの人気は高い。

マスター

CV:若本規夫

バー・ストレイシープの店主。数週間前に街にやってきて、ある目的のためにバーを開店させた。カウンターの内側に静かにたたずみ、お客さんたちの声に耳を傾けている。

石田☆ルウ

CV:皆川純子

物語とは直接関係ない”ストーリーテラー”と見せかけて、じつは裏で暗躍している人物。彼女の謎は本作をやり込むことで判明する……!?

本作では、ストレイシープでの仲間たちとの会話やキャサリンたちとのメールのやり取りなどにより、ストーリーが変化。ヴィンセントの未来が幾通りにも分岐していきます。その先でプレイヤーを待つのは、どれも人生を考えさせる展開や結末ばかり。自分の価値観に基づいた選択がストレートにストーリーに反映されるのが、本作のおもしろいところです。本能のままに選択肢を選ぶことで、自分の思わぬ”本性”に気付かされるかも?

さまざまな選択がプレイヤーを待っています。

また、浮気がテーマのひとつになっていたり、お酒を飲めるバーが物語の主な舞台だったりと、既存のゲーム作品とは少し異なる”オトナ向けのエンターテイメント作品”になっているのもポイント。”モラトリアム”を抜け出せない主人公・ヴィンセントには、とくに20代~30代のプレイヤーが共感しやすいのではないでしょうか。

オトナの恋愛が楽しめる本作にはドキドキするシーンもたくさん用意されています。

また、前作は結婚をして家庭を持つことのプレッシャーなどが描かれましたが、本作では既存の価値観を壊す存在・リンの登場などにより、さらに生き方を深く考えさせられる内容に。テーマ的にもオトナが楽しめるドラマになっています。他に類を見ない、独特なゲームをプレイしたい人は、ぜひ本作を手に取ってみてはいかがでしょうか?

新キャラクターの追加によって前作をプレイした人も新鮮な気持ちで楽しめます。

みんなはどう考えてる? あなたの価値観をTwitterで問う!

ということで、PlayStation®公式Twitterアカウント(@PlayStation_jp)では、現在『キャサリン・フルボディ』で新たに登場した”あなたの価値観を問う質問”を実施中。お題はコチラ。

ゲーム中ではプレイヤーのみなさんがどう回答したかを見ることができるので、本作発売の折には、ぜひTwitterの結果と見比べてみてくださいね!

初回限定版『キャサリン・フルボディ ダイナマイト・フルボディ BOX』をチェック!

数量限定で制作されるスペシャルパッケージには、ファンには嬉しい魅力的なアイテムが多数同梱されます。さらにパッケージイラストは副島成記氏による豪華描き下ろし、スリーブを外すとさらに煌びやかなイラストが現れる仕掛けも! この機会、お見逃しなく。

■ゲームソフト本体

■キャサリン&キャサリン・フルボディ “FULL BODY” サウンドトラックセット
前作『キャサリン』のサウンドトラックの復刻版2枚に加えて、『フルボディ』版の完全新規サウンドトラックと、特別収録による豪華声優座談会&オーディオコメンタリーをまとめたCDセット。
①『キャサリン』オリジナルサウンドトラック
②『キャサリン 』クラシックアレンジサウンドトラック
③『キャサリン・フルボディ 』サウンドトラック
④声優座談会&オーディオコメンタリー

■キャサリン・フルボディ アートブック
本作のために描き起こされたキャラクターイラストや、美術設定画などを多数収録した設定資料集。手元に置いて、いつでも『キャサリン・フルボディ』の濃厚な世界観を堪能することが可能です。

■DLCプロダクトコード2種
FULL BODYの名にふさわしい、スペシャルなコンテンツが利用可能になるダウンロードコード2種。

①Catherine ”理想の声” 全ボイスセット
人気女性声優9人のボイスがセットになったプロダクトコード。追加することで、通常は2人から選択可能なキャサリン(浮気相手)のゲームボイスが、最大11人の中から選択可能に。あなただけの理想のキャサリンでプレイできる!

DLCによって選択可能になるキャサリンのゲームボイスを演じた声優11名と、そのキャラクターイメージ(声優名50音順)

阿澄佳奈(一途な乙女)
釘宮理恵(気まぐれキャット)
小清水亜美(溢れる母性)
佐藤利奈(憧れのお姉さん)
沢城みゆき(キュートな小悪魔)
戸松遥(ツンデレ彼女)
豊口めぐみ(純情系ギャル)
能登麻美子(ヤンデレ淑女)
堀江由衣(わがままシスター)
水樹奈々(夜の女王)
悠木碧(アトラクションガール)

②スペシャルコンテンツ ”Nero glass(ネロメガネ)”
ヴィンセントが装着すると、イベントシーンとバーでの時間中に登場するすべてのキャラクターが、セクシーな”ナイトウェア姿”に見えるようになる不思議なメガネ(一部のシーンを除く)。意外なキャラクターの意外な姿に驚くこと間違いなしのスペシャルアイテム!

男性キャラクターも女性キャラクターもセクシーなナイトウェア姿に!

▼PS4/PS Vita『キャサリン・フルボディ』のPS Storeでの予約購入はこちらから

▼PS4『キャサリン・フルボディ』体験版の無料ダウンロードはこちらから

▼PS Vita『キャサリン・フルボディ』体験版の無料ダウンロードはこちらから

—————————————-

キャサリン・フルボディ

・発売元:アトラス
・フォーマット:PlayStation 4、PlayStation Vita
・ジャンル:アクションパズル・アドベンチャー
・発売日:2019年2月14日(木)予定
・価格:
 PS4 パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,980円+税
   パッケージ版 初回生産限定版 希望小売価格 13,980円+税
   ダウンロード版 通常版 販売価格 8,618円(税込)
   ダウンロード版 豪華版 販売価格 14,018円(税込)
 PS Vita パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,980円+税
     パッケージ版 初回生産限定版 希望小売価格 13,980円+税
     ダウンロード版 通常版 販売価格 8,618円(税込)
     ダウンロード版 豪華版 販売価格 14,018円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン:1~2人/アドホック:1~2人)
・CERO:C(15才以上対象)

——————————————

『キャサリン・フルボディ』公式サイトはこちら

『キャサリン・フルボディ』公式Twitterはこちら

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

お客様の生年月日を入力してください。