【E3 2017】過酷なオープンワールドに秘めた多様性と高い自由度。『Days Gone』メディアセッションレポート

0 0
【E3 2017】過酷なオープンワールドに秘めた多様性と高い自由度。『Days Gone』メディアセッションレポート

20170616-e3-daysgone-01.png

パンデミック後の世界で繰り広げられるサバイバル生活

昨年の「E3 2016 PlayStation® Press Conference」で発表され、PlayStation®4用ソフトウェアとして開発が進められている『Days Gone』。「フリーカー」と呼ばれる怪物が大量に押し寄せるデモ映像で鮮烈なデビューを飾ったタイトルが、今年の「E3 2017」にも登場! 本作は、パンデミック後の世界で生き残った主人公ディーコンたちの生き様を描くオープンワールドアクションだ。

20170616-e3-daysgone-02.jpg

現地時間6月12日(月)に開催された「PlayStation® E3 Media Showcase」では、最新のデモ映像が公開された。フリーカーや好戦的な人間との戦闘シーンをはじめ、罠はもちろん、フリーカーさえも利用して道を切り開くシーンなど、具体的なゲーム内容に迫る映像となっているので、ぜひチェックしてほしい。

メディアセッションで語られた、『Days Gone』の魅力となる2つのポイント

6月14日(水)には「E3 2017」の会場でメディアセッションが実施され、開発を手掛けるSony Interactive Entertainment(SIE) Bend StudioのDarren ChisumとJoseph Adzimaが登壇。本作の世界観やゲーム内容について解説した。

20170616-e3-daysgone-03.jpg

左から、SIE Bend StudioのDarren Chisum(Sr. Staff Programmer)と、Joseph Adzima(Systems Architect)。

多様性を秘めた、ダイナミックなオープンワールド

Darrenによると、『Days Gone』には2つの大きなポイントがあるという。その1つが、ダイナミックなオープンワールドだ。

本作の舞台は、世界規模による疫病の影響で、フリーカーと化した人間が徘徊するようになった世界。疫病の影響は人間だけでなく動物にも及び、凶暴化したオオカミやクマなども出現する。さらに、敵対する人間が襲いかかってくることもあるなど、非常に危険な環境となっている。

20170616-e3-daysgone-04.jpg

昼や夜といった時間帯で、出現する敵が変化。雨や雪など天候の変化によっても出現する敵が変わるうえ、ディーコンが運転するバイクの操縦にも影響があるそうだ。

公開中のデモ映像ではオオカミが死体を食べているシーンがあったが、こういったシチュエーションはランダムで発生し、さまざまなものを用意。同じ場所でも、毎回同じことが繰り返されるわけではないという。

20170616-e3-daysgone-05.jpg

このように過酷な世界で、バウンティハンターとして生きていくディーコン。サバイバル生活の中で明らかになっていくパンデミックの原因についても期待してほしいと、Darrenは語った。

自由度の高い、戦略的なサバイバル生活

2つ目のポイントとして、Darrenは本作の自由度の高さによる、多彩で戦略的な立ち回りを挙げた。ここでJosephの実機プレイにより、公開された最新のデモ映像と同じシチュエーションを、異なる攻略法で進めていく模様が披露された。

実機プレイでは、デモ映像でディーコンが引っかかっていたトラップを事前に察知して回避したり、異なるルートを進むことでフリーカーの群れに出会わず目的地へ到達したりするなど、同じシチュエーションでもプレイヤーによってさまざまな攻略法があることをアピール。デモ映像は夜からだったのが日中からのスタートに、雨だった天気が雪になっており、時間や天候の変化も確認できた。

20170616-e3-daysgone-06.jpg

ディーコンは敵を倒して経験を積むと、スキルを取得できることも明かされた。スナイパーライフルの照準を合わせる際に周囲がスローになるスキルをはじめ、状況証拠から人物の行動などをトレースする第六感的な「アフターイメージ」など、スキルの種類は多種多様。どんなスキルを取得しているか、どのように使用するかによっても、攻略法が変わってくる。

20170616-e3-daysgone-07.jpg

武器もさまざまなものが用意され、拾い集めるだけでなく、所持しているアイテムを組み合わせ、新たな武器を作成することが可能だ。発想はもちろん、スキルや武器の選択により、プレイヤーそれぞれのサバイバル生活を満喫できる。

唯一の乗り物となるバイクへのこだわり

また、ディーコンの移動手段であるバイクが非常に重要だと、Darrenは熱く語った。本作のオープンワールドはかなり広いため、バイクでの移動が欠かせないという。この世界の道路はほとんどが壊れているうえに、山道などの悪路が多く、クルマでの移動は困難となる。そのため、本作に登場する乗り物はバイクのみとしたそうだ。

20170616-e3-daysgone-08.jpg

ディーコン自身のバイクのみアップグレードすることができ、性能を上昇させられる。他人のバイクを強奪することも可能だが、愛車以外はアップグレードできない。愛車をどこに置いたか忘れたり、盗まれたりしないようにすることも戦略の一部だ。

フリーカーの性質やシステムなどが質疑応答で明らかに!

メディアセッションの最後には、質疑応答が行なわれた。世界観やゲームの内容に踏み込んだ印象的な回答があったので、いくつか紹介しよう。

──時間によって出現する敵が変わるそうですが、フリーカーは夜行性ですか?

「スウォーマー」と呼ばれるフリーカーの集団とは、夜に遭遇しやすいです。彼らはまぶしい光が苦手で、冷たく暗い場所を好みます。雨や嵐といったものも好きなので、集団に遭遇する際はそういったシチュエーションが多いですね。また、フリーカーは音に敏感なので、激しい銃撃戦を繰り広げていると呼び寄せてしまう場合があります。公開した映像のラストでクマが現われたのも、銃声を聞きつけたからなんです。

──フリーカーたちには、何か目的があるのでしょうか。

フリーカーは疫病に侵された人間であり、生きています。彼らは常にお腹が空いているので、生き残るために水を飲み、肉を食べる必要があります(笑)。

──敵として登場する動物の種類を教えてください。

映像で公開しているオオカミとクマ以外にも登場しますが、詳細はまだお話しできません。オオカミはバイクよりも速く走る、危険な存在です。

──一度入手した武器は、ずっと使えるのでしょうか。

例えば、バットは何回か使うと壊れます。使うと壊れる武器があれば、使えば使うほど強くなる武器もあります。

──マルチプレイなどのオンラインモードはありますか。

現在はシングルプレイヤーモードでの深い体験を追求しており、マルチプレイの採用は考えていません。

──本作はマルチエンディングなのでしょうか?

こちらも詳細はお話しできないのですが、プレイによってエンディングが変わるのは事実です。ストーリーを掘り下げて、オープンワールドならではのゲーム感を体感していただきたいと思っています。

——————————————

Days Gone

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクション
・発売日:未定
・価格:未定
・プレイ人数:未定
・CERO:審査予定

——————————————

PS.Blogの「E3 2017」記事はこちら

——————————————

『Days Gone』ソフトウェアカタログはこちら

©Sony Interactive Entertainment America LLC. Developed by Bend Studio.

お客様の生年月日を入力してください。